仲の良い友達の細かすぎる所にイラッとした。自分はそこまで細くない。

僕は起こる部類に所属していて、そのお友人の事で先日、ちょっと疲れている。恋人はとても優しくて宜しい人間だ。お茶を飲んだり、たまに昼飯をしたり。
そんなお交流は何があるとかも無く仲良く出来ているのですが、恋人と部類の当番になってから、持ち味が分かってきて、それが僕とは異なり過ぎてイラッ場合てしまうのです。
要するに細かいのです。よく言えば緻密。
先代者がやっていないようなこともやり始めようとしたり、他の人間にちょっと言われると気にして「こうしなくてはいけないんじゃない?」とか。
他の人間に「いやぁ、あの人間は細かい細かい。どこで電話を切ったらいいか分からない。」と陰ではそんな風に言われてしまっています。文献人間は勿論知りません。
そしてついに「放っておいてください。私達の事は我々でやります!」といらっしゃる人間から言われてしまったのでした。
緻密さは時には必要ですが、そこまで誰も求めていない意味まで決めるとするのは緻密とは言いません。緻密にやればそれはきちんと勤務をやったねと言われると文献人間は言っていますが、それは自身ハピネスの市場だ。
そして根こそぎ知っていないと気が済まない人間で、私もいちいち話しなくてはなりませんし、相手も本当に至急メイルをしてきます。
勤務ならそんな事も言ってられなし、緻密さも求められますが、ホビーの世界でそこまで始める必要はありません。
僕はこの次当番になる時はこういう人間とは一緒にやらないと決めました。イライラしながらやるのはストレスも留まります。
私の今まで生きてきたの間で、恋人ほど細かい人間ええません。総出朗らかでどうでも好ましいやと言うことも持ち合わせている人間ばかり。
生きていくにはその方が楽だと思うのですが。そんなに色々気を遣っていたら疾患になる。
恋人から「これ、どうなりました?」とメイルが現れるごとイラッとしておる僕だ。http://xn--nbk0g1az45z8sk3yirll.net/