自分ばかりが気晴らしをして自身を休ませてくれない主人は鬼と言えます。

うちには、3才の子供と0才のこどもがいる。
子供は、イヤイヤ期と下の乳幼児へのジェラシーと、何でもやりたがりな一時と色々重なって落ち着かず、こどもは最近つかまり立ちが出来るようになり、気付くとハイハイでまずいところにいったり、危険な会社でつかまり立ちをしたりする。
また、こどもは我々が思えなくなると大泣きしながら追っ掛けてきて、本当に目が離せません。
僕、キッズがいるため成果には出ておらず、また、あんな2人のキッズを連れての訪問にあまり自信がない結果、民家に掛かることがどうしても多いです。
ストレート、往きがふさがりますし、ストレスだって溜まります。
気晴らしも目指すだ。
あんな我々を後目に、主人は休日の度に、嗜好の野球へ行ったり、仲の良い友達とバーベキューに行ったり、出掛けてばかりだ。
過日、やっと私も久しぶりに仲の良い友達とランチに行くことになり、当日休日だった主人にキッズを頼んだら、「まだこどもをはじめ人で探る自信がない」等と言われ、原則こどもは連れて赴き、案の定、こどもの一般話で、完全な気晴らしは出来ませんでした。
その時もイラッとはしましたが、のち、涙ながらに「私だって息抜きしたい!」と訴え、主人は「分かった」と言ってくれたのですが、直後にまた、「次の休日野球行って嬉しい?」等と言ってきたのです。
あまりにイラッとしたので、「いいけど、最近ダディーが休日の度に居ないから子供は遊びたいだろうねー」と嫌みっぽく言ってやりました。
それでも原則野球には行ったので、本当に腹が立ちます。30歳女性が本気で恋活してみました。